雪道でのタイヤの選び方

| 未分類 |

 

雪道を車で走行する際には、タイヤの選び方が重要になってきます。適切なタイヤを装着していないと十分なグリップが得られず、車の挙動が不安定になったりブレーキが効かずに事故を起こしてしまう危険性もあるからです。積雪の状況や走行するルートに合わせて、事前に適切なタイヤを選ぶようにしてください。

雪が降り始めた時や積雪の量が少ない時は、スタッドレスタイヤがおすすめです。それほど積もっていない道路というのは、雪がある箇所とそうでない箇所が交互に現れます。そうした状況では雪を確実に乗り越える能力と舗装路を安定して走行する能力の両方が求められるため、同時に対応できるスタッドレスタイヤが最適と言えます。トレッドに掘られている溝が水をかき出す役目をすることから、気温が上がって路上の雪が解け始めた状況でも滑らずに安心して運転できます。一度装着してしまうと取り外すのが大変ですが、乾燥した路面も走ることができるので問題はありません。

一方で積雪の多い山道を走るのであれば、チェーンをタイヤに装着する方法も効果的です。チェーンならば確実に積雪面を捉えて走ることができるので、グリップも十分に得られます。山道の場合気温が低いため雪もなかなか解けません。事前に車のトランクにチェーンを入れておき、安全な走行を心がけてください。