手入れの方法

| 未分類 |

車には、数多くの部品が使用されています。
それぞれに役割があり、どれか一つでも失ってしまうと車は機能しなくなってしまいます。
外装から目視できる部品の数というのは、少ないものの車を持ち上げて下から眺めたりエンジンルームを眺めてみるととても多くの部品が目につきます。
数多くの部品が使用されている車の中で最も重要な部品は、最も外に出ていて目につきやすい部分です。
それが、タイヤです。
タイヤは、車が走行する上で地面と接している部分です。
車が路面と接している部分というのは、タイヤしかありませんので、とても重要な部位といえます。
止まる、発進するという動作がタイヤ一つに預けられている状況において、日常的なタイヤの手入れというのは重要になってきます。
例えば、タイヤに挟まっている砂利を早期に除去してあげるという点が挙げられます。
悪路や砂利道を走行しなくても、タイヤの溝には様々な物が挟まってしまいます。
道路には細かな小石などが大量に落ちているためです。
挟まったままの砂利をそのままにしておくと、走る度に異音がしたりグリップ力が弱まってしまいます。
特に硬い物が挟まるとマンホールなどで滑りやすくなり、危険が増します。