定期点検と寿命

| 未分類 |

 

タイヤはゴムでできていますので、当然寿命があります。タイヤメーカーでは一回も使わない状態であっても、10年経過したタイヤは使わないようにと言っています。では、普段、普通に使用しているタイヤの場合はどうでしょうか。これは走行距離や管理方法、運転の仕方によっても違ってきますので、一律に言うことはできません。そのために常日頃からの定期点検が重要になってきます。

クルマに関してあまり詳しくなくても、タイヤの溝が減って来れば交換しなければならないと思うことでしょう溝が1.6mm以下になると、スリップしやすくなったり、制動距離が長くなったりして危険ですので、交換が必要です。1.6mm以下になったかどうかは、スリップサインという溝の中に数か所ある盛り上がった部分も見ればわかります。その盛り上がった部分より溝が浅くなってはいけません。

しかし、クルマに比較的詳しい人でも知らない人が多い寿命のサインもあります。たとえば、ピンチカットと呼ばれるものです。タイヤの側面がぽこっと小さくイボのように盛り上がっている場合、これがピッチカットといって大変危険な状態にあります。ピッチカットは縁石などに強く乗り上げたりした際に、内部のコードが切れてしまったときに起こります。このままの状態で乗り続けると、破裂の危険があります。