交換時期と手順

| 未分類 |

 

クルマのタイヤは消耗品です。したがって、寿命が来たら交換しなければなりません。交換時期に関しては、多くの場合は溝が減ってしまったタイミングで交換することでしょう。ただ走行距離が少ないドライバーの場合は、溝が減るよりも、ゴムが経年劣化を起こして、固くなり、ひび割れてきて交換となる場合も少なくありません。タイヤが劣化して固くなってくると、乗り心地もごつごつしてきた利、ロードノイズが大きくなってきたりします。

タイヤを交換する場合は、仮に交換が必要なタイヤが一本だけであっても、4本まとめて交換するようにします。そうしないとクルマのバランスが悪くなってしまうからです。また手順に関しては、新品、あるいは中古タイヤを購入した場合、専用の機械がないと自分で脱着することはできません。タイヤのローテーションや夏用タイヤから冬用タイヤに交換することはできても、タイヤの脱着による交換は自分で行うことはできませんので、ディーラーや自動車工場、タイヤ専門店などに持ちこんでしてもらいます。その際には、ホイールバランスも見てもらうことをおすすめします。ホイールバランスが悪くなると、高速運転の時などに、ハンドルがぶれて危ないからです。