}PgžxQ車は走る曲がる止まるといった要素の機能を高めるためにいろいろなパーツが使用されています。
エンジンやバッテリー、ガソリンなど走るために必要なものがなければもちろん走行することはできませんが、走る曲がる止まるためには路面との接点であるタイヤがとても大切なのです。
走行性能を高めるためにはとても重要なパーツといえます。またこれは消耗品でもあり、定期的に交換が必要なパーツでもあります。
これはゴムでできていることもあり、太陽光線や熱、摩耗によって劣化していきます。
溝が磨り減ってくるとグリップ力も弱くなってきます。グリップ力が弱くなると走行安定性が失われてしまうことにもなり、またブレーキやコーナーリングの時に滑ってしまうことにもなります。
また雨の日にはこの溝が排水性を高めているのですが、磨り減ってしまうと排水できずに水面を滑るように走行してしまうのです。
高速道路などで高速走行をしている場合はハイドロプレーニング現象といって路面の水のうえを滑ってしまいとても危険な状態になります。
このように溝やひび割れがないか定期的にチェックをすることが必要です。そして溝が磨り減ってきたりひび割れがあるような場合は交換することです。